アディポネクチンの抗糖尿病作用について

長寿ホルモン、超善玉ホルモンとも呼ばれる『アディポネクチン』は、別名を「インスリン感受性増強ホルモン」と言います。

この名前でピンとくる方もいらっしゃることでしょう。

糖尿病とアディポネクチンの関係は?

過食や運動不足などの生活習慣が原因の2型糖尿病の患者さんでは、血液中のアディポネクチン濃度が低いことが明らかになっています。

アディポネクチン不足が、糖尿病の発症のメカニズムにおいて関係しているのではないかということが指摘されているのです。

このサイトをご覧になっている方には釈迦に説法ですが、糖尿病は、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態が続いてしまい、体の中にいろいろな不具合が起こってくる病気です。

インスリンが正常に働いていれば、食後に上がった血糖値は数時間後には元に戻ります。

しかし、インスリンの分泌量が低下したり、インスリンに対する細胞の感受性が悪くなったりすると、血糖値が下がらず、高いままの状態となってしまうのです。

インスリンが正常に働かなくなった状態を「インスリン抵抗性」と言います。

この「インスリン抵抗性」が起こる原因として考えられているのが『肥満』、その中でも特に『内臓脂肪型肥満』です

ストレスによる過食や偏食、運動不足、睡眠不足、脂肪分の多い食事などの生活習慣を続けていると、内臓脂肪の過度の蓄積が起こります。

すると脂肪組織から分泌される生理活性物質であるアディポサイトカインの分泌に異常が起こります。(アディポサイトカインの説明はトップページをご覧ください)

すなわち、

  • 『インスリン抵抗性』を引き起こす悪玉アディポサイトカイン「TNF-α」の分泌の増加
  • 『インスリン抵抗性』を抑える善玉アディポサイトカイン「アディポネクチン」の分泌の減少

が起こることが研究で明らかになっています。

このなかで、

超善玉ホルモン『アディポネクチン』には

  • 骨格筋や肝臓において脂肪を燃焼させインスリン抵抗性を解除する
  • 肝臓での糖以外の物質からのブドウ糖生産を抑制し血糖値を抑える

という働きがあります。

この働きを糖尿病的な観点から見ると「インスリン感受性増強ホルモン」と呼ばれる所以となるわけですね。

糖尿病の予防・改善にはアディポネクチンとダイエット

糖尿病にはダイエットとアディポネクチン

糖尿病は、内臓脂肪の過度の蓄積により、アディポネクチンの働きが抑えられ、悪玉ホルモンが増加してしまうことから発症していく

という体の仕組みが明らかになってきました。

では、アディポネクチンを増やす食材をたべればいいのでしょうか?

アディポネクチンを増やすサプリメントを摂ればいいのでしょうか?

(アディポネクチン自体は摂取しても消化分解吸収されてしまうため、直接摂取しても無駄になります)

確かにアディポネクチンは、「やせホルモン」とも言われる通り脂肪を分解する働きもあります。

通常、人が体を動かしてエネルギーが必要となると、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化されて、体内の脂肪を消費してエネルギーに変換します。

また、筋肉中の酵素「AMPキナーゼ」も活性化されて、糖や脂肪をエネルギー化します。

しかし、

アディポネクチンはちょっと違います。

運動をしなくても「AMPキナーゼ」を活性化し、糖や脂肪を消費させることができるのです。

でも、それもこれも

アディポネクチンがしっかり体内で分泌されていれば!

という条件が適っていればの話です。

トップページでもお話ししていますが、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンは、脂肪細胞がパンパンに肥大化(メタボ化)していると分泌されづらくなるのです。

ですので、

順番でいうと、

1.ダイエットして脂肪細胞を小さくし、アディポネクチンを分泌しやすい体をつくる

2.アディポネクチンをつくる食材・サプリメントを摂取する

ことが糖尿病を予防する・改善することにつながります。

さいわい、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて比較的容易に落ちるので、まずは食生活の見直し、運動習慣などでメタボ体型を徐々に治していきましょう。

そして、同時に、あるいはダイエットがあるていど進んだら

アディポネクチンを増やすドクターズサプリ『DSアディポ』をお試しください♪

『DSアディポ』は、他のアディポネクチンサプリと違い、ドクターが監修した、効果がでる分量がきちんと入っているアディポネクチンサプリメントになります。

ご購入・詳細を知りたい方は公式サイトへどうぞ!
 ↓↓↓  コチラ  ↓↓↓